トップ > 広域機関とは > 広域機関概要

広域機関概要

電力の安定供給をより確かなものにし、いざというときにも、日本中の”電気があるあたりまえ”を守り続けるために、広域機関は司令塔としての役割を果たします。 

電力システム改革 3つの目的の実現に向け、3段階で進められています

3つの目的

  • 電力の安定供給の確保
  • 電気料金の最大限の抑制
  • 電気利用の選択肢や企業の事業機会の拡大
第1段階(2015年4月)
  • 電力広域的運営推進機関の発足
第2段階(2016年4月)
  • 電気小売業への参入の全面自由化
  • ライセンス制の導入
第3段階(2020年4月)
  • 送配電部門の法的分離

広域機関は「電気事業の広域的運営」を推進するため、幅広い役割を担っています