トップ > 系統アクセス > 系統アクセスに関するよくあるお問い合わせ(FAQ)

更新日:2021年11月8日

系統アクセスに関するよくあるお問い合わせ(FAQ)

Q1. 送電線の空容量はどこで確認できますか?

A1. 各一般送配電事業者の系統空容量の状況は以下のウェブサイトのリンク先で確認することが可能です。

系統連系制約マッピング

または、事前相談を申込んで頂くことでご確認することも可能です。

Q2. 発電設備を送電線に接続するためには、どのような手続きが必要ですか?

A2. 発電設備を送電線に接続するための手続きにつきましては、以下のリンク先をご確認ください。

発電設備等に関する系統アクセスの流れ

Q3. 事前相談・接続検討の申込書の記載方法を教えてほしい。

A3. 事前相談及び接続検討の申込書の記載方法につきましては、以下のリンク先の記載例をご確認ください。なお、記載の詳細につきましては、発電設備等の設置箇所のエリアの一般送配電事業者にお問い合わせください。

系統アクセス手続きで用いる様式集

一般送配電事業者の託送供給サービス窓口

Q4. 事前相談・接続検討の提出先を教えてほしい。

A4. 発電設備等を接続するエリアの一般送配電事業者にお申込みください。

なお、最大受電電力が1万kW以上の発電設備であれば、広域機関へ提出することも可能です。

一般送配電事業者の託送供給サービス窓口

広域機関HP 系統アクセスに関する窓口について

Q5. 既設の発電所で発電設備等の更新を行う場合でも、接続検討申込が必要ですか?

A5. 発電設備の更新のみでも接続検討を行う必要があります。ただし、一般送配電事業者が系統に影響がないと判断した場合には接続検討を不要とすることができます。

接続検討の要否については、以下のリンク先に一覧表がありますが、詳細は、連系先の一般送配電事業者にお問い合わせください。

接続検討申込み対象及び要否確認対象 一覧表

一般送配電事業者の託送供給サービス窓口

Q6. 契約申込時に支払った保証金は、事業撤退時に返還されますか?

A6. 保証金制度は、公平な系統利用を目的とした系統容量の空押さえ防止と円滑な系統アクセスのために設けられており、系統連系希望者が保証金の支払い後に契約等申込みの取り下げ等を行った場合には原則返還されません。

ただし、保証金を返還する正当な理由があると認められる場合には、保証金が返還される場合があります。詳細につきましては、以下のリンク先をご確認ください。

保証金の返還に関する「正当な理由」について

Q7. 接続検討回答書に、ノンファーム型接続「適用」との記載がありました。ノンファーム型接続について教えてください。

A7. 2021年1月13日から全国の空き容量の無い基幹系統に対してノンファーム型接続の適用が開始されております。系統アクセスの進め方やノンファーム型接続が適用された電源の扱いなどについては、以下の資料をご参照ください。

系統の接続ルールについて~ノンファーム型接続~

Q8. 接続検討回答書に、運用上の制約として、N-1電制と記載がありました。N-1電制とはどのような制約なのでしょうか?

A8. 自らが電制対象電源となることを前提に、特別高圧以上に接続する電源を対象に、2018年10月より先行的にN-1電制の適用(N-1電制先行適用)を開始しています。N-1電制先行適用の基本的考え方や具体的手法については、以下のリンク先をご確認ください。

N-1電制の先行適用に関する資料の公表

なお、本来N-1電制の対象となり得る多数の電源を遮断(もしくは出力制御)し電制するのではなく、別の電源を電制することにより、その機会損失費用を事後的に精算する仕組み(N-1電制本格適用)については、2022年度中の導入を目指し、検討を進めています。

Q9. 接続検討回答書に、電源接続案件一括検討プロセス開始の申込みを行うことができる系統連系希望者に該当するという記載がありました。この場合の手続き方法を教えてください。

A9. 電源接続案件一括検討プロセスとは、近隣の案件も含めた対策を立案し、そこでの連系等を希望する系統連系希望者で増強工事費を共同負担することにより、効率的な系統整備等を図ることを目的とする手続のことです。接続検討回答書に一括検討プロセス開始の申込みができる系統連系希望者に該当するという記載があった場合の詳細な手続きにつきましては、以下のリンク先をご確認ください。

発電設備等に関する系統アクセスの流れ

業務規程第80条の規定に基づく電源接続案件一括検討プロセスの実施に関する手続等について

一括検討プロセスの開始申込みを行うには、開始申込書及び接続検討回答書の表紙(写し)を連系先の一般送配電事業者への提出、並びに開始検討料のお支払いが必要となります。手続きの詳細につきましては、一般送配電事業者にお問い合わせください。

一般送配電事業者の託送供給サービス窓口

お問い合わせ

計画部(系統アクセス業務担当)

お問い合わせ