トップ > 広域機関とは > 広域機関概要 > その他広域機関の役割

更新日:2018年10月1日

その他広域機関の役割

大規模災害に備えた訓練を行っています

2016年に「防災業務計画」を策定し、大規模な災害で電力設備に重大な被害が発生する等の緊急時において、会員同士が協調して復旧に取り組むことができるよう、定期的な防災訓練に取り組んでいます。

防災訓練の様子

事業者間の紛争を解決します

広域機関では、電気供給事業者から送配電等業務に関する相談や苦情を受け付けています。広域機関は、「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律」に基づく認証紛争解決事業者として法務大臣の認証を取得しており、和解の仲介(あっせん・調停手続)を行います。

スイッチングに係る手続きを支援するシステムを運用しています

スイッチング支援システムを通じて、需要者の設備・使用量情報などの照会や、スイッチングに伴う小売電気事業者と一般送配電事業者間の託送契約の切り替え業務の迅速化・円滑化に貢献しています。

スイッチング支援システム

お問い合わせ

お問い合わせフォーム