今冬の電力需給ひっ迫時の広域機関の対応及び福島県沖を震源とする地震への広域機関の対応について

今般、需要レベルの推移、電源の稼働状況、主要な事業者の需給計画、主要な事業者のLNG及び石油の燃料在庫状況などを勘案し、需給ひっ迫状態に陥る蓋然性は低いと思われることから、当機関は、2月27日をもって、2つの警戒態勢を解除いたしました。
ご対応、ご協力いただいた皆様に対し、改めて厚く御礼申し上げます。
なお、特に1月に発生した需給ひっ迫については、現在、当機関において行っている検討や、政府でなされている検証なども踏まえ、必要な対応を行ってまいります。

詳細はこちらからご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う広域機関の対応について

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、電力の安定供給に係る監視等業務を除く、広域機関の全ての業務はテレワークへ移行しております。このため電話による応対業務の一部を停止し、メール等による応対とさせていただきますので、こちらの案内をご覧いただき、お問い合わせください。

なお、計画提出に関するお問合せについては電話対応を継続しております。

新着・更新情報
ニュースリリース
事業者さまへ
委員会・検討会

容量市場かいせつスペシャルサイト

かいせつ電力ネットワーク