トップ > 系統アクセス > 事前相談・接続検討・契約申込等 > 発電設備等の休廃止等手続に伴う一括検討プロセス

更新日:2021年4月16日

発電設備等の休廃止等手続に伴う一括検討プロセス

「発電設備等の休廃止等手続に伴う一括検討プロセス」とは

 「発電設備等の休廃止手続きに伴う一括検討プロセス」とは、最大受電電力が10万キロワット以上の発電設備等の休廃止等手続により既存の送電系統に10万キロワット以上連系可能量が増加することを確認した場合等において、当該発電設備等が連系する送電系統で12か月間系統容量を確保しつつ、新規で発電設備等の契約申込み等があったことで既存の送電系統に増強工事が必要になったときに、電源接続案件一括検討プロセスに移行する手続を指します。

発電設備等の休廃止等手続に伴う一括検討プロセスの基本的な進め方 

発電設備等の休廃止等手続に伴う系統アクセスの流れPDFファイル(1416KB)   (2021年4月16日更新)

 上記資料は発電設備等の休廃止等手続に伴う一括検討プロセスの基本的な進め方(イメージ)を示すものです。
 なお、一括検討プロセスの流れについては以下のページを参考にしてください。

発電設備等系統アクセスの流れ

 一括検討プロセス開始後の具体的な手続きは以下のページを参考にしてください。
「業務規程第80条の規定に基づく電源接続案件一括検討プロセスの実施に関する手続等について」の公表について

リプレース案件系統連系募集プロセスについて

リプレース案件系統連系募集プロセスについては、以下のページをご参考下さい。

お問い合わせ

計画部(系統アクセス業務担当)

お問い合わせフォーム

事業者さまへ