かいせつ電力ネットワーク

  • 電力広域的運営推進機関ホームページ
  • 文字サイズ

トップ > かいせつ電力ネットワーク > 事業者向けコンテンツ > 系統の接続ルールについて

事業者向けコンテンツ系統の接続ルールについて

想定潮流の合理化

想定潮流の合理化は2018年4月より開始されており、各一般送配電事業者が公表している空き容量の算定や系統アクセスの検討などは、既に想定潮流の合理化を適用した潮流に基づき行われています。

想定潮流の合理化の基本的考え方や具体的手法については、こちらをご覧ください。

N-1電制

自らが電制対象電源となることを前提に、特別高圧以上に接続する電源を対象に、2018年10月より先行的にN-1電制の適用(N-1電制先行適用)を開始しています。

N-1電制先行適用の基本的考え方や具体的手法については、こちらをご覧ください。

本来N-1電制の対象となり得る多数の電源を遮断(もしくは出力制御)し電制するのではなく、別の電源を電制することにより、その機会損失費用を事後的に精算する仕組み(N-1電制本格適用)については、2022年度中の導入を目指し、検討を進めています。

ノンファーム型接続

2021年1月13日から全国の空き容量の無い基幹系統に対してノンファーム型接続の適用が開始されています。

系統アクセスの進め方やノンファーム型接続が適用された電源の扱いなどについては、以下の資料をご参照ください。

なお、資料の内容については制度の議論状況に応じて更新して参ります。

各資料のまとめ

各資料をまとめたものはこちらPDFファイルをご覧ください

ノンファーム型接続の適用について

ノンファーム型接続の系統アクセスの進め方、適用対象などについては、こちらPDFファイルをご覧ください

ノンファーム型接続となった電源の扱いについて

具体的な出力制御のされ方や市場における取り扱いなどについては、こちらPDFファイルをご覧ください

ノンファーム型接続に関する情報公開について

ノンファーム型接続が適用される系統の確認方法や混雑状況の把握方法などについては、こちらPDFファイルをご覧ください

上に戻る