トップ > 広域機関システム 利用手続き・計画提出 > 広域機関システムの利用手続き > 広域機関システムの利用開始にあたって

更新日:2019年9月5日

広域機関システムの利用開始にあたって

広域機関システムの利用申請

広域機関システムの利用方法

広域機関システムを利用される事業者様は、下記のスタートアップガイドにて事前手続きが必要となります。操作方法は、スタートアップガイドをご覧ください。

広域機関システム スタートアップガイドPDFファイル(2998KB)(2019年9月5日版)

広域機関システムへのログインは、広域機関Webサイト画面右上部の「会員専用 広域機関システム」のアイコンをクリックしてください。

広域機関システムのログイン図

広域機関システムに連係する事業者

ユーザー登録、メールアドレス登録をお済ませください。

入力支援ツールを利用する事業者

ユーザー登録、メールアドレス登録をお済ませください。
入力支援ツールは、広域機関システムの計画受付画面内からダウンロードしてください。

入力支援ツール 

 広域機関システムにて、以下の入力支援ツールを提供しています。

  • 年間計画:発電・販売計画、需要・調達計画、需要抑制計画
  • 月間計画:発電・販売計画、需要・調達計画、部分供給通告値、需要抑制計画
  • 週間計画:発電・販売計画、需要・調達計画、需要抑制計画
  • 翌日計画:発電・販売計画(FIT特例1用含む)、需要・調達計画、部分供給通告値、需要抑制計画
  • 経過措置計画:経過措置計画
  • 通知:(経過措置)可否判定結果通知
    (経過措置)減少処理通知
    (スポット・1時間前)混雑処理通知
  • 作業停止計画:作業停止計画

広域機関システム操作マニュアル

広域機関システムの利用方法は、広域機関システム操作マニュアルもご覧ください。

お問い合わせ

計画提出に関するFAQとお問い合わせ