トップ > 広域機関システム 利用手続き・計画提出 > 広域機関システム・計画提出に関するお知らせ > 2017年度 > 年間・長期の連系線空容量の公表について

更新日:2018年3月14日

年間・長期の連系線空容量の公表について

業務規程第133条に基づき、2018~2027年度の連系線空容量(年間計画・長期計画)を算出しましたので、これを系統情報サービスに公表します。年間の公表は2018年3月15日、長期の公表は2018年3月31日を予定しています。

注意事項

(1) 年間連系線空容量(2018~2019年度)

システムの追加混雑処理に時間を要するため、追加混雑処理対象となる連系線の対象断面の空容量等(空容量、計画潮流)を別途算定いたします。算定でき次第、修正し、お知らせいたします。

(2) 長期連系線空容量(2020~2027年度)

長期計画は、対象期間が間接オークション移行後となることから、間接オークション移行後のルールに基づき、空容量と予想潮流を公表します。また、予想潮流については、経過措置計画の対象となる2016年度長期連系線利用計画の合計値を公表します。

なお、長期連系線空容量(2020~2027年度)は、系統情報サービスの「その他情報>各種情報参照>各種情報>空容量」に掲載されます。

関連リンク

お問い合わせ

お問い合わせフォーム