トップ > 広域機関システム 利用手続き・計画提出 > 広域機関システム・計画提出に関するお知らせ > 2016年度 > 通告変更の受付開始について

更新日:2016年4月26日

通告変更の受付開始について

  3月29日にお知らせしました通り、広域機関システムの連系線利用計画機能については、段階的に運用開始することとし、システム開発を進めております。
  このたび、ゲートクローズ前までの通告変更(送配電等業務指針第205条第1項)について、4月27日0時より受付開始いたします
 

    ・ゲートクローズ後の通告変更(随時通告変更、同条第2項)は、引き続きシステム開発をすすめておりますので、
       今回の対象ではありません。別途お知らせいたします。
    ・空容量については、引き続きPDFで公表いたします。

    なお、1時間前市場における連系線を利用した取引の開始については、準備できしだい別途お知らせいたします。
    連系線をご利用されるみなさまには、ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

  注)送電不可または一部送電可の場合、下記別紙参照の上、需要調達計画と発電販売計画を容量登録された値に変更
         して下さい。また、発電者への連絡や発電者の再提出までの時間を考慮して、余裕をもって申し込み下さい。
       

       <別 紙>「送電不可または一部送電可の場合の計画提出フロー(通告変更)」 PDFファイル(179KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

・本件に関するお問い合わせは、以下の窓口までお願いいたします。

      電力広域的運営推進機関 運用部
  問い合せ専用メール :

以上