トップ > 広域機関システム 利用手続き・計画提出 > 広域機関システム・計画提出に関するお知らせ > 2015年度 > 4月1日分以降の連系線利用についてのお知らせ

更新日:2016年3月29日

4月1日分以降の連系線利用についてのお知らせ

 4月1日の広域機関システム運用開始に向けて準備を進めておりますが、連系線利用計画機能については段階的に運用開始いたします。連系線利用に際してご留意いただきたい事項は下記の通りです。
 連系線を利用されるみなさまにはご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

1.連系線利用計画(翌日計画・週間計画)について

 翌日計画は、従来通り、受付いたします。
 空容量算定用に更新(変更)された連系線利用計画(“0”登録からの増分を含む)の提出をお願いいたします。なお、ご提出いただきました翌日分の連系線利用計画の送電可否判定結果につきましては、不可、または一部可の場合のみご連絡させていただきます。
 調達計画、販売計画及び連系線利用計画の間に不整合が生じますとインバランスが発生いたしますので、託送供給契約者と発電契約者の間で十分ご確認の上、計画の提出をお願いいたします。
 スポット取引約定分等も反映の上、計画の提出をお願いいたします。
 なお、現時点では4月1日分以降の月間計画断面、週間計画断面の連系線利用計画の更新ができておりませんので、詳細は下記別紙参照の上、計画の提出をお願いいたします。

<別 紙>「4月1日分以降の週間・翌日連系線利用計画のご提出に際してのお願い」PDFファイル(188KB)

2.連系線利用計画の通告変更について

 通告変更につきましては、当面の間、4月1日分以降の受付を停止させていただきます。
 受付開始時期が決まりましたら、広域機関のウェブサイトで公表いたします。
 なお、連系線利用計画の変更を伴わない発電販売計画、需要調達計画については、実需給の1時間前まで翌日計画の変更が可能ですので、1時間前市場取引の約定分も反映の上、必要に応じた計画変更をお願いいたします。

3.日本卸電力取引所(JEPX)での取引について

 従来通り、スポット取引を行っていただくことができます。
 なお、1時間前市場については当面の間、エリア内(連系線を介さない)取引のみとなります。

4.連系線空容量等※)の公表について

 年間、月間、週間断面の空容量等の公表延期(2016年3月15日にお知らせ済み)に加えて、長期断面(対象期間:2018年度~2025年度)の連系線空容量等の公表を延期いたします。長期断面の利用計画の変更と新規の容量登録につきまして、連系線空容量の公表までの間お待ちいただきますようお願いいたします。
※)空容量、運用容量、マージン、計画潮流

5.お問い合わせ先

・本件に関するお問い合わせは、以下の窓口までお願いいたします。

電力広域的運営推進機関 運用部 需給運用グループ

電話番号:03-6634-6694、6695、6696、6697

問い合せ専用メール:

以 上

お問い合わせ

お問い合わせフォーム