トップ > 総会・理事会・評議員会 > 理事会 > 2018年度 > 第193回理事会議事録

更新日:2019年4月22日

第193回理事会議事録

1. 開催日時

2019年3月27日 午前10時~10時55分

2. 開催場所

豊洲事務所(江東区豊洲6-2-15)理事会室

3. 理事長・理事総数及び定足

総数5名、定足数3名

4. 出席した理事長・理事数:4名

  • 出席:金本理事長、遠藤理事、寺島理事、内藤理事
  • 欠席:佐藤理事
  • 監事出席:髙木監事、千葉監事

5. 議題

決議事項

  • 第1号議案      役員の兼職について
  • 第2号議案      権限表の変更について
  • 第3号議案      事業継続計画の変更について
  • 第4号議案      広域系統整備委員会の委員の選任について
  • 第5号議案      2019年度供給計画の取りまとめについて
  • 第6号議案      東京中部間連系設備に係る広域系統整備計画の変更について     
  • 第7号議案      本機関への系統アクセス接続検討申込みに対する回答について
  • 第8号議案      広域機関システムPMO業務等に関する支援業務委託の落札者決定について
  • 第9号議案      OAシステム等の運用保守業務等の委託について
  • 第10号議案    OAシステム等の業務委託基本契約に基づく個別契約の決裁権限について
  • 第11号議案    2019年度監査室内部監査計画について
  • 第12号議案    九州本土における再生可能エネルギー発電設備の出力抑制の妥当性について

報告事項

(1) 2019年度監事監査計画について

(2) 指導を受けた電気供給事業者の取り組みと今後の対応について

6. 議事の経過および結果

定刻に至り、定款に基づき金本理事長が議長となり、定足数の充足を確認した後、本会議の成立を宣した。

続いて、議案の審議に入った。

決議事項

第1号議案 役員の兼職について

理事長の指示により、総務部長から、千葉監事から兼職承認申請があったことから、役員及び職員の兼職に関する規程に基づき、千葉監事の兼職承認申請について承認を行い、電気事業法第28条の24及び定款第34条第1項のただし書きの規定に基づき、経済産業大臣に対する兼職の承認申請を行いたいとの提案があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第2号議案 権限表の変更について

 理事長の指示により、総務部長から、事務局の職制及び権限に関する規程に基づき定めた事務局の権限表を変更したいとの提案があった。続いて、権限表の変更内容についての説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第3号議案 事業継続計画の変更について

   理事長の指示により、総務部長から、災害の発生により本機関が被災し、本機関の機能の一部又は全部が失われたときも、速やかに業務を継続又は再開できるよう、業務規程第176条に基づき定めた事業継続計画(BCP)について、豊洲移転後の状況を踏まえ、計画内容を見直し、変更したいとの提案があった。続いて、事業継続計画の内容について説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第4号議案 広域系統整備委員会の委員の選任について

寺島理事から、中立者委員1名を2019年4月1日に評議員に任命する予定であることから、2019年3月31日をもって任期満了とした上で、2019年3月31日に広域系統整備委員会の中立者委員7名及び事業者委員4名が任期満了となることに伴い、中立者委員9名(再任5名、新任4名)及び事業者委員3名(再任3名)を選任し、委嘱手続きを行いたいとの提案があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第5号議案  2019年度供給計画の取りまとめについて

   寺島理事から、電気事業法第29条第2項、業務規程第28条第1項及び第29条第1項に基づき、2019年度供給計画を取りまとめ、本機関の意見を付して経済産業大臣に送付・公表するとともに、業務規程181条に基づき、平成30年度供給計画の年次報告書として公表したいとの提案があった。続いて、計画部長から、平成30年度供給計画の内容及び取りまとめに関する経済産業大臣への意見についての説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第6号議案  東京中部間連系設備に係る広域系統整備計画の変更について

   寺島理事から、東京中部間連系設備に係る広域系統整備について、2019年3月の供給計画の届出において、広域系統整備計画に記載している内容に一部変更があったことから、業務規程第63条第2項の規定に基づき、広域系統整備計画の変更を行い、変更後の広域系統整備計画を公表するとともに、事業実施主体及び費用負担者へ通知したいとの提案があった。続いて、計画部長から、変更後の広域系統整備計画の内容についての説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第7号議案   本機関への系統アクセス接続検討申込みに対する回答について

   寺島理事から、四国地方における送電系統への発電設備連系希望者から本機関への系統アクセス接続検討の申込み1件に関し、業務規程第71条第3項及び第72条第1項に基づき、一般送配電事業者の検討内容について妥当性を確認し回答したいとの提案があった。続いて、計画部長から、送電系統への発電設備連系希望者からの申込書、本機関の回答書、一般送配電事業者の回答書、妥当性の確認書の内容についての説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第8号議案   広域機関システムPMO業務等に関する支援業務委託の落札者決定について

   内藤理事から、先般入札を実施した広域機関システムPMO業務等に関する支援業務委託に関する入札について、入札説明書に基づき、受領した入札書及び提案書並びにプレゼンテーションにより総合評価を行った結果、A社を落札者として決定し、契約に関する協議を行いたいとの提案があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第9号議案   OAシステム等の運用保守業務等の委託について

   理事長の指示により、総務部長から、OAシステム、スイッチング支援システム及び広域機関システムの2019年度運用保守業務委託について、現システムの開発及び保守運用委託先以外からの提供は不可能なため、会計規程第22条(1)に基づき、随意契約を更新するとともに、広域機関システムの2018年度下期保守業務委託については、サービスデスクのインシデント対応業務が追加的に発生したことから、変更覚書を締結し、契約金額を変更したいとの提案があった。続いて、総務部長から、契約内容についての説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第10号議案  OAシステム等の業務委託基本契約に基づく個別契約の決裁権限について

   理事長の指示により、総務部長から、OAシステム、スイッチング支援システム及び広域機関システムの業務委託基本契約に基づく個別発注については、2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)においても継続して、権限表の定めにかかわらず、処理基準を定め決裁したいとの提案があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第11号議案  2019年度監査室内部監査計画について

   理事長の指示により、監査室長から、業務規程に基づく内部監査を適切に実施するため、2019年度監査室内部監査計画を策定の上、実施したいとの提案があった。続いて、監査室長から、内部監査方針、内部監査の対象分野、内部監査計画概要、重点項目等について説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

第12号議案  九州本土における再生可能エネルギー発電設備の出力抑制の妥当性について

   内藤理事から、2019年2月に九州電力株式会社が実施した九州本土における再生可能エネルギー発電設備の出力抑制に関し、業務規程第180条第2項に基づき、その出力抑制が法令及び送配電等業務指針に照らし適切であったか否かを確認及び検証した結果、妥当であると認めることとし、その旨を検証結果とともに公表したいとの提案があった。続いて、運用部長から、今回の出力抑制に関し、(1)再エネの出力抑制に関する指令を行った時点で予想した需給状況、(2)優先給電ルールに基づく抑制・調整(下げ調整力確保)の具体的内容、(3)再エネの出力抑制を行う必要性の各項目について事務局で検証した結果、今回の出力抑制の指令は適切であったと判断しているとの説明があった。議長から、議案について出席者に諮ったところ、全員異議なく原案通り承認可決した。

報告事項

(1) 2019年度監事監査計画について

   髙木監事から、2019年度監事監査計画の内容について報告があった。

(2) 指導を受けた電気供給事業者の取り組みと今後の対応について

   理事長の指示により、紛争解決対応室長から、株式会社F‐Powerについては、同社に対する指導及び指導後の特別監視により、業務の改善が見られ、指導に基づく措置を講じていることが認められていると判断し、指導に基づき報告を求めることは終了することとするとの報告があった。

   以上をもって議案の審議等を終了したので、10時55分、議長は閉会を宣し、解散した。

以上、この議事録が正確であることを証するため、出席した議長、理事及び監事は記名押印する。

2019年4月18日

理事長 金本 良嗣
理事 遠藤 久仁
理事 寺島 一希
理事 内藤 淳一
監事 髙木 佳子
監事 千葉 彰

 

 

関連資料

お問い合わせ

お問い合わせフォーム