トップ > 広域機関システム 利用手続き・計画提出 > 広域機関システム・計画提出に関するお知らせ > 2017年度 > 長期・年間連系線利用計画の計画提出等について

更新日:2017年11月29日

長期・年間連系線利用計画の計画提出等について

間接オークション導入に伴い、長期・年間連系線利用計画の計画提出がこれまでと異なります。具体的な取扱いは、以下のとおりです。

1. 長期連系線利用計画(2020~2027年度)

長期連系線利用計画(調整用・空容量算出用)の提出は不要です。

今年度に更新予定の長期連系線利用計画は、対象期間が間接オークション導入後となることから、容量登録等を行いません。

2. 年間連系線利用計画(2018~2019年度)

間接オークション導入後、連系線利用計画は不要となりますが、導入時期が2018年度下期の早い段階となったことから、間接オークション導入まで連系線利用計画が必要なため、年間連系線利用計画(調整用・空容量算出用)を提出してください。※1

なお、年間連系線利用計画の提出に当たって、昨年度に提出いただいた年間連系線利用計画(2017~2018年度)の2018年度の増加変更分は、これまで「2018年度分の連系線利用計画については、増加変更分は登録できません」とご案内していましたが、間接オークション導入時期が2018年度下期の早い段階になったことに伴い、2017年3月10日と6月6日の送電可否判定結果等※2※3を反映し容量登録いたします。この通知された値を、2018年度分の変更前の値として計画を提出してください。

※1 年間連系線利用計画の容量登録のため、昨年度に設定した2018~2019年度の電力市場取引の環境整備のためのマージンは、ゼロに変更しています。

※2
対象者:連系線利用計画を提出した事業者
通知名:2017年3月10日 「送電可否判定結果通知」、「混雑処理通知」

※3
対象者:上記対象者のうち通知内容に変更が生じた事業者
通知名:2017年6月6日 「2017、2018年度 年間連系線利用計画の容量登録値について」、「2018年度の中国九州間連系線の運用容量設定誤りと年間の容量登録値について(2018年10・11月の一部断面)」

3. 注意事項

間接オークション導入後は、経過措置対象分※4を除き、今回の容量登録分を含む全ての容量登録は無効といたします。

※4 2016(平成28)年度利用計画として容量登録された長期連系線利用計画(2018~2025年度)

4. 本件に関するお問い合わせ先

計画受付問い合わせ窓口

  • 電話番号:03-6634-6694、6695
  • 問い合わせ専用メール:メールアドレス

※電話でのお問い合わせは、平日9時~17時40分にお願いいたします。