トップ > 広域機関システム 利用手続き・計画提出 > 広域機関システム・計画提出に関するお知らせ > 2017年度 > 記載要領(間接オークション導入後)の公表について

更新日:2017年11月29日

記載要領(間接オークション導入後)の公表について

発電計画等受領業務ビジネスプロトコル標準規格(計画値同時同量編)記載要領(間接オークション導入後)」を公表しました。変更内容は間接オークション導入(※1)によるBP規格(※2)変更に伴う記載内容の変更です。

また、系統情報公表サービスの「その他情報/各種情報参照/各種情報」の「計画提出関係」にも掲載しています。

※1:「間接オークションの導入時期について」のとおり、2018年度下期の早い段階を目指すこととしております。

※2:発電計画等受領業務ビジネスプロトコル標準規格(計画値同時同量編)(Ver.3A)

参考

なお、間接オークション導入に伴い、以下の公表資料も変更になっています。併せて確認をお願いいたします。

広域機関システムとの連携に関する規格等

  • 発電計画等受領業務EDI共通規格(Ver.3A)
  • 発電計画等受領業務ビジネスプロトコル 通信手順および受信確認メッセージ標準規格(Ver.1.3)
  • 発電計画等受領業務ビジネスプロトコル標準規格(計画値同時同量編)(Ver.3A)

お問い合わせ

計画提出に関するFAQとお問い合わせ